ホワイピュアは妊娠中・授乳中に使用可能!厚生労働省認可の医薬品

妊娠してからシミが増えた・乳首や乳輪が黒ずんだという悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

実は妊娠中、9割の方がシミや黒ずみが増えたという経験をしているんです。

そして残念なことに、妊娠したから仕方がないと諦めてしまう方がかなり多いんです‥。

妊娠前のシミ・黒ずみがない状態に戻りたい!という方は早めに対策することが大切です。

このサイトではシミ・黒ずみ対策ができる医薬品「ホワイピュア」が妊娠中、授乳中でも使用できるのか?おすすめする理由について解説します。

妊娠中のシミ予防、免疫力向上のためにホワイピュア

妊娠中は女性ホルモンが急激に変化します。

女性ホルモンのエストロゲン・プロゲステロンが増加することでメラニン色素を作り出すメラノサイトを刺激し、シミや黒ずみが増加してしまうんです。

これはママや赤ちゃんを守るための自然な現象ですが、ずっとシミや黒ずみが残るのは女性として嫌ですよね。

なので早めの対策がとっても重要なんです。

 

ホワイピュアにはシミなどの色素沈着に効く医薬品

ホワイピュアにはL-システイン・ビタミンC・ビタミンE配合でこれらが協力し合い、メラニンの過剰な生成を抑制したり、肌の新陳代謝を促進してターンオーバーを正常にしメラニンを押し上げ排出する効果が期待できます。

妊娠中はホルモンバランスの変化により、ターンオーバーが乱れやすくなります。

ターンオーバーが乱れると、メラニン排出が上手くいかず、シミや黒ずみが増えたり、ムラになって残ってしまうんです。

 

ホワイピュアを妊娠中に飲んでも赤ちゃんへの影響は大丈夫!厚生労働省認可

妊娠中に薬を飲むのは赤ちゃんにも影響がでるのでは?と思う方もいるかもしれません。

ホワイピュアはシステインとビタミンでできておりリスクが低い医薬品として厚生労働省からも認められており妊娠中でも飲むことができます。

ビタミンCは体内で合成することのできない物質で、体内でビタミンCが不足すると風邪を引きやすくなります。

ホワイピュアはビタミンCの補給もできるので授乳中の方の風邪予、免疫力向上のためにも摂取することが推奨されています。

ビタミンCやビタミンEは過剰に摂取されることはなく体に必要ないぶんは尿として排出されるので安心して飲むことができますよ。

 

 

ホワイピュアが授乳中のビタミン補給をサポート

産後は、妊娠中のストレス・出産、育児での疲労を感じている方も多いと思います。

ストレスや疲労を感じると体内で活性酸素が増加し、その刺激でメラニン生成が促進されシミ・黒ずみができやすくなります。

ホワイピュアにはビタミンB6・L-システイン・ビタミンCが含まれており、産前・産後疲労回復や肌のターンオーバーを促し、シミ・黒ずみの予備軍を排出してくれる効果があります。

 

ホワイピュアは授乳中の栄養補給にも推奨

授乳中はママが食べたものがダイレクトに赤ちゃんの栄養源になるので、食べ物には気を使っていると思います。

特に鉄分は注意して摂取しているという方も多いのですが、鉄分は単体では効率よく摂取することができません。

ビタミンCと一緒に摂ることで吸収率がアップすると化学的にも証明されているんですよ。

ホワイピュアに含まれるビタミンCには母乳の分泌量を増加させる効果、栄養素を母乳に留める効果があります。

赤ちゃんへたっぷり栄養を届けるために、ビタミンCは重要な役割を担っています。

そのためホワイピュアは授乳中の栄養補給に推奨されているんです。

 

ホワイピュアは妊娠中・授乳中にもおすすめ

妊娠中・授乳中はホルモンバランスが変動しやすく、ストレスや疲労でもメラニン生成がされるため、シミや黒ずみが出やすいんです。

妊娠中・授乳中もホワイピュアでメラニン生成を抑え、肌のターンオーバーを整えることでメラニンを排出し妊娠前の状態に近づくことができます。

ホワイピュアはシステインとビタミンで構成されており、リスクの少ない医薬品として厚生労働省からも認められています。

ビタミンCの補給は免疫力の向上、母乳分泌の増加などの効果もあります。

ホワイピュアは手軽に栄養補給できるので妊娠中・授乳中の忙しく時間のないママたちにも安心して飲める医薬品です!

 

>>ホワイピュアの美白効果の口コミを検証【利用者100人にアンケート】お試し

投稿日:

Copyright© ホワイピュアの美白効果の口コミを検証【利用者100人にアンケート】お試し , 2019 All Rights Reserved.