ホワイピュアは怖い?副作用など成分を専門家の意見も交え徹底解説

シミをケアすることで人気の飲むシミ対策商品「ホワイピュア」

検索でホワイピュアと打ち込むと「ホワイピュア 怖い」という言葉が出てきます。

確かに、飲み薬というと「ちょっと怖い」「副作用は?」という疑問もあるのが分かるのですが、色々調べると美白の薬は「白髪が増えるの?」という噂も出回っているようです。

果たしてそんなことがあるのでしょうか?専門家の指摘も交え、かなり詳しく調べてみました。

 

 

ホワイピュアは怖いというネットの噂の真実

ホワイピュアは怖いというネットの噂の真実

 

飲み薬のスキンケア商品というとちょっと大丈夫?やめとこうかな?と思うのもわかります。

確かにちょっと不安はありますよね。

ですが、結論からいうと、ホワイピュアを使用しても副作用など問題は気にする必要はありません。

その理由を説明します。

 

ホワイピュアは副作用の最も少ない第三種医薬品

ホワイピュアは副作用の最も少ない第三種医薬品

 

国は一般用医薬品を三種類に分類していますが、「ホワイピュア」は一番副作用の少ない第三種医薬品に分類されています。

 

第一類医薬品

使った実績がまだ少ないため、副作用や飲み合わせなど、薬剤師の説明が必要な医薬品です。

例えば、一部の解熱剤や鎮痛剤、毛髪薬などです。

 

第二類医薬品

こちらも副作用、飲み合わせに注意が必要なものに分類されるのですが、説明を受けることが必要がどうかについては「努力義務」です。

また、説明をする人についても、薬剤師、または登録販売者でも可能です。

ドラッグストアの店員の名札で「登録販売者」と書かれているのを見かけたことがある人もいると思います。

例えば、風邪薬、解熱鎮痛薬、胃腸鎮痛薬などがこれにあたります。

 

第三類医薬品

こちらがホワイピュアが当てはまる部分です。

この第三類医薬品は、安全上多少の注意を必要としますが、利用者への説明は特に必要がないとされています。

例えば、ビタミンBやCを含む保健薬や整腸剤などがあります。

 

ポイント

厚生労働省も第三類医薬品については、【リスクが比較的低いもの】とし、日常生活に支障をきたす程度はないとしています。

引用:厚生労働省 一般用医薬品のリスク区分

 

つまり、ホワイピュアは副作用が一番少ない分類の医薬品となります。

医薬品として国の認可を得て商品化する場合、気の遠くなるくらいのテストや検査を通過しなければなりません。

訴えや被害が出るような医薬品が出回ることは、ほぼないと言って間違いないです。

ただ、副作用が少ないとはいえないわけではありませんので、どんなものがあるのか次で説明します。

 

 

ホワイピュアの副作用を成分別に紹介

ホワイピュアの副作用を成分別に紹介

 

公式サイトが公表している副作用には次のような症状があります。

 

発疹・発赤、かゆみ、吐き気・嘔吐、胃部不快感、腹痛、下痢、便秘

引用:ホワイピュア公式サイト

 

服用後にこれらの症状が現れた際には服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

では、含まれる成分別に公表されている副作用を説明します。

 

アスコルビン酸(ビタミンC)の副作用

アスコルビン酸(ビタミンC)には、生活に支障が出ない範囲の副作用として、嘔吐や下痢などの症状が報告されています。

参考サイトくすりの適正使用協議会

これらの症状が出ないように、次のように対応をお願いしています。

 

通常、成人は1日50〜2,000mgを1日1〜数回に分けて服用します。
必ず指示された服用方法に従ってください。

引用:くすりの適性使用協議会

 

つまり、必ず指定された飲み方でお願いしますということです。

ちなみに、ホワイピュアの場合、一日2回分(15歳以上は6錠)にアスコルビン酸(ビタミンC)が1,000mg含まれています。

許容範囲内なので、指定された飲み方をしていれば問題ありません。

 

L-システインの副作用

この成分に関しては、大量に摂取した場合、糖尿病を患っている人はインスリンの分泌に影響を与えるかもしれないということを、東大の研究チームがつきとめています。

ただ、これについては日本医科大学皮膚科の船坂 陽子教授が、「医薬品による美白効果と安全性に関する対談」の中で、美白で使用する量であれば問題ないと発言しています。

 

通常の美白として処方される量で内服していただくのは問題ないのですけれども、少しでも白くなろうと思って大量に内服してしまうのは、糖尿病の患者さんにとって危険であると思います。

引用:美白医薬品の効果と安全性

 

ホワイピュアを飲んでも白髪は増えない理由

ホワイピュアを飲むと白髪が増えるという噂があるようですが、結論から言うとそんなことはありません。

白髪なんて増えませんので安心してください。

その理由について、日本毛髪科学協会会員で、日本全国に40院以上展開する薄毛治療クリニック「AGAスキンクリニック」「東京ビューティークリニック」の診療顧問も務める、髙橋 栄里さんはこう説明しています。

 

Lシステインを摂ると白髪になるという因果関係について証明された文献・論文は現時点ではありません。

もし仮にLシステインを大量に摂取した結果、メラニンの働きが抑えられて黒髪が白くなってしまうようなことがあったとしても、そのメカニズムから考えればLシステインの摂取を止めれば再びメラニンの働きによって黒髪に戻るわけですから、恒久的に白髪化してしまうわけではありません。

今回の噂について私的に申し上げると、健康な方の場合であれば「髪への影響については、それほど神経質になる必要はない」という答えになりますね。

 

もし白髪になったという口コミがあれば、それは別の要素でなった可能性が極めて高いです。

おそらく、「ホワイピュアの作用でメラニンの生成を阻害し作られたメラニンを排出するという美白効果」が、髪の毛を白髪にするのではという噂のキッカケだと思われます。

全く気にする必要はないですね。

 

リボフラビン(ビタミンB2)の副作用

元々黄色の色がついているビタミンとして着色に使われる成分がリボフラビンです。

この成分の副作用に関しては、胃の不快感、吐き気、軽い下痢が考えられますが、副作用はまずないと言われています。

また摂取しすぎた場合も、水溶性ビタミンなので尿として排泄されます。

参考おくすり110番より

 

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)の副作用

ピリドキシン塩酸塩は一般的にいうと「ビタミンB6」のことで、皮脂の分泌を抑え、ニキビや肌荒れを防ぐ医薬品成分です。

コチラに関しても、副作用の心配はほぼありません。

ただし、高用量のビタミンB6を一年以上摂取し続けると、神経障害など引き起こす場合があります。

そのような場合は、飲むのをやめれば元に戻りますので安心してください。

ちなみに、過剰摂取ってどのくらいなの?というと、

ポイント

4歳~8歳までは 40mg
9歳~13歳までは 60mg
14歳~18歳までは 80mg
成人は 100mg

ちなみに、ホワイピュアに配合されているピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)の量は12mgなので、全く問題ありません。

 

コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)の副作用

最後に、この成分の副作用ですが、過剰摂取をすると血液が固まりにくくなるなどの副作用があります。

ちなみに、どのくらいが過剰摂取かというと、

ポイント

男女ともに一日に、150㎎~750㎎の範囲が過剰摂取

気になるホワイピュアのコハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE)配合量は50mgです。

つまり、ほぼ問題ありません。

 

\\67%OFFは今だけ!全額返金保証あり//

公式サイトでキャンペーン期間を確認

 

ホワイピュアの副作用はそこまで神経質にならなくてもいい

ホワイピュアの副作用はそこまで神経質にならなくてもいい

 

つまり副作用をまとめると、用法容量や使用方法をしっかりと守っていれば問題ないということです。

しかも、そのために初回購入については、3,900円割引の1,900円で試せますし【最低利用期間など縛りもありません】。

気になった場合は解約することも可能です。

ただし、下記のような人は念のため、医師に相談することをおすすめします。

  • 医師の治療を受けている人
  • 薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人

医薬品というと不安な部分が目立ちますが、逆に良いこともあります。

サプリメントは効果効能を記載することが出来ませんが、薬については効果効能の記載が認められています。

つまり、シミやそばかすの予防や改善に効果を感じられる可能性が、サプリよりも高いのです。

副作用の心配はありませんので、ぜひ試してみることをおすすめします!

 

ホワイピュアの効果についてさらに詳しく解説!

>>ホワイピュアの効果のポイント

更新日:

Copyright© ホワイピュアの口コミや効果【利用者100人のアンケート】お試しで通販 , 2019 All Rights Reserved.